プロでも使ってる!すごいぞApplePencil!

前回のあらすじはこちら

“管理人”

フリーランスで芸術作品を作っているマチャミさん!フォトショもクリスタも使わず絵を描いてるらしいんだけど・・・一体どうやってるんだ?!
タイトルにApplePencilって描いてあるから、多分iPadだね!

“性獣”

“明日香キララ”

誰ですかこの人・・・

普段は芸術作品を作り、飽きたら気分転換にデリヘルをして稼いでるんだそうです!利益率いいですもんね!せっかくなら私のApplePencilを握ってはくれませんかね??←

水商売をしている女性って珍しいので、ついついこんな質問をしてしまいました。

「デリヘルは本番禁止だけど・・・実際どうなんですか?やるんですか??」

「私は絶対ヤらせないんだよね。痛くなるし。基本的に絵で稼げちゃうから、そこまでデリヘルは必死にやらなくてもいいんだよね。」

なるほど!逆にお金に困っているデリ嬢は本番をすることでボーナスを稼ぐということですね。

2018/10/30追記

完全に作品のみで食べていけるようになったのでデリ嬢を辞めたそうです。

本当に憧れる・・・師匠すごいです。

それではAppleペニ・・・じゃなくてPencilの話をしていきましょう!

ペンタブとiPad

タイトルでもわかる通り、マチャミさんはiPadとApplePencilで作業しています。

普通イラストを作成する人はペンタブレット、液晶タブレットなんかを使いますよね。

私も普段の仕事ではワコムのペンタブを使っています。安くて書き心地もいいのでおすすめ。

しかしペンタブには困ったことがあって、それが「筆圧感知」です。

本物の鉛筆で描く時みたいに線の濃さや太さを調整できるとすごくありがたいのだけど、安いペンタブにはその機能が無いです。

あと、慣れてないとペンタブでうまく絵を描くことはできません。

紙に直接絵を描くのは慣れているから楽勝なんですけど、ペンタブは手元で描いた絵を画面に反映させなくてはいけません。

手元で絵を描きつつも、絵が描かれるのは画面。↓

これのせいで画力が超落ちる!!本当は上手いのに!

そこで「液タブ」の出番です。

画面に直接描くことのできるペンタブで、もともと絵が上手い人ならそのままの画力でデジ絵が作れてしまう!

だが液タブの価格は結構します・・・!

描き心地が紙に近いのでそういう面では超オススメ。ガチでデジ絵を楽しみたい人は買うと良いです!人生変わります!

さて、マチャミさんが使っているアップルペンは一体どうなのかというと、なんと液タブに引けを取らない性能です。

さすがに絵を描くために作られている液タブの方がイラスト向きではありますが、アップルペンの性能がちょっと異常なんです。

当然のように筆圧感知機能がついてます。高級なペンタブと比べても全く問題ないくらい精度がいい・・・

iPadの表面がツルツルなので、その描き味が好きな人はマジでアップルペンでおkです。液タブはマットかな。

参考までに、こちらが安いペンタブで描いたドラえもん。

ひどいですね

次がアッポーペンで描いたもの。

アッポーペン使いやすすぎてビビった・・・

これもペンタブで描いたガンダムだが・・・(制作期間3日)

次がiPadで描いたガンダム。(制作期間1時間)

率直に言って「生きた線」が引けるんですよね!

ペンタブだと機械で描いたような線になるけど、ApplePencilなら自分の理想の線をダイレクトに表現できる!

あとこのドラえもんの写真を見ていただくと「なんかクリスタみたいなソフトで絵を描いてる?」と思うかもしれません。

実はこれ、無料アプリなんです!!

メディバンペイント」といって、クリスタと同じような機能が無料で使えてしまうソフト。

デジ絵で生計を立てているようなマチャミさんが、

フォトショを買って

クリスタも買って

最終的に無料ソフトのメディバンで仕事をしている!!!!!これはとんでもない!

追記 2018/10/30

マチャミさんは現在iPad版のCLIP STUDIO PAINTで仕事しているそうです。

やっぱりクリスタは優秀なソフトですね・・・。

PC版は5000円の買い切りですがiPad版は月額制ですのでご注意を!

なぜiPadで??

もちろんマチャミさんは大型のペンタブもしっかり買ってあるし、それを使っていた時期もあります。

でも現在はiPadの無料ソフトで作品を生み出しているんだから不思議。

「なぜ立派な機材やソフトを揃えているのに使わないのですか!くださいよ!」

「あげないよ。そうだね・・・強いて言うなら、『パソコン』だから・・・かな!」

「パソコンだから・・・?」

考えてもみましょう。パソコンを起動するのに何分かかりますか?

Macなら1分程度で立ち上がりますが、Windowsだと3分くらいかかるんじゃないでしょうか。私の使い古したWindowsなんか10分かかります。

そしてイラレやフォトショを開くと・・・長い。まだ動いてくれないのか。

これだと、「さあ絵を描くぞ!」と思い立ちいざパソコンをつけると・・・全然起動してくれない。ソフトを開くのも時間かかる。

そして立ち上がる頃には「今日はいっか!スマホでも見よ!」となる。

プロであるマチャミさんですら気が乗らない時は絵が全然描けないそうです。

しかしiPadだと

ホームボタン押す

アプリ開く

はい。イラスト描けます。

30秒かかってないぞ?!??!?!?!?

この他にも「大画面で動画見られる」「パソコンの代わりになる」「持ち運べる」「電子書籍が見やすい」などなどiPadだからこそのメリットがたくさんあるんですけど、とにかくこれが一番でかいです。

「絵を描こう!」と決めたらお前はもう既にiPadに絵を描いていることだろう・・・!

iPad「Pro」対応だった

私がこの話を聞いていた頃(2017年5月くらい)、ApplePencilが使えるのはiPad Proだけでした。

iPad Proとは普通のよりちょっと性能がいいやつで、簡潔に言えば一番高いです

私はとにかくデジ絵が描きたかったので、その当時一番デカいやつを買いました。12.9インチ128GBモデル・・・!

ちょっと大きいし重いけど液タブとパソコン持ち運ぶよりは格段にいいwwww

カバーとレザーのペンケースも購入しました。便利すぎて辛い。

もう最高である。いつでもどこでも絵が描ける。

ちなみにアマゾンプライムも利用しているので、毎日嫁とご飯食べながらこれでアニメ見てます。

便利すぎてテレビを捨てました。NHKにお金を払わなくて良いので快適です。

毎月400円でアニメ・ドラマ・映画見放題は恐ろしい・・・

しかしお財布へのダメージはなかなかのものだった・・・!

ここで朗報です!なんと安いiPadでもアップルペンが使えるようになりました!

2018年モデルのiPadが、なんとアップルペン対応になったのです!

画面は多少小さいので、絵をしっかり描きたい人はやはりProを買うべきかもしれません。

でも、趣味程度に描きたい人や、イラスト以外にもiPadを使ったり持ち運びたい人には超オススメなサイズ感です!!!

使った瞬間に衝撃の感動ですので、是非是非、ApplePencilで絵を描いてみてください!

次回予告

さて、これで私がデザイナーになる「きっかけ」の話は終わりです。

このあと何もエロい展開は起きず、普通にマチャミさんにデジ絵を教わり、自信をつけ、デザイナーの就職活動を始めたのでした。

しかし!衝撃の事実が発覚する!

次回!「仕事では全然メディバン使う場面無かった」

来週のこの時間も〜!サービスサービスぅ(死)

いよいよ会社でデザインのお仕事!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です