明後日キララのプロフィール デザイナー編

明後日キララ

クラスの中でちょっと絵が上手い方だった。
最初はこんな感じでした。

小さい頃から絵が上手だとクラスのみんな、親や先生に言われていました。

今思えば絵を写すのが上手なだけだったんですけどね…それで何を思ったか調子に乗って、デザイナーとして働いてしまいました(笑)

現在は転職して他の仕事をしていますが、仕事で絵を描けるというのはとても楽しく、ありがたい経験でした。

デザイナーとして働きたいと考えている人の参考になれば嬉しいです。

絵画教室に通った小学生〜中学生時代

物心がついた時から、漫画の絵を写すことにハマっていました。

これが他の人よりちょっとばかり得意で、家で一生懸命描いた絵を次の日学校で見せびらかしていたものです。

父親から顔に十字線を引くことを教わり、一層絵を真似するのが楽しくなりました。

そこで両親のススメを受け、田舎にある閑静な絵画教室に通うことになったのです。

おじいさん先生がゆったりと絵の描き方を教えてくれる教室で、そこには4年ほど通い続けました。

12Bというとんでもなく濃い鉛筆や固形の水彩絵の具

石膏像や建造物のデッサンなど、きっと絵画教室に通わなければ学べなかったことをたくさん教わりました。

高校生になったのを機にやめてしまいましたが、私が描いた石膏像の絵をずっと飾っていてくれたのが嬉しかったですね。

しかしここで重大なことに気付きます。

「イラスト描けない・・・」

やりたいのは絵画じゃなかった

漫画を写すのが大好きだった私ですが、ふと

「何も見ないでイケメンを描いてみよう」

と思ったのです。

そしていざペンを手に持つと…描けない。

顔も髪型も目も鼻も口も、何一つ描くことができません。

絵画教室に通っていたおかげでリアルなものを描くのには困りませんでしたが、アニメ漫画のイラストは全く描くことができませんでした。

高校生の時といえば涼宮ハルヒの憂鬱を先駆けにライトノベルやニコニコ動画が大流行していた時代でして、ヲタクである私もなんかイラスト描きたかったんです。

写して描くのは簡単です。けど、オリジナルというかなんというか、

なんか自分の絵とかそういうのは無かったんです

しかも中学高校になってくるとだんだんとクラスに一人二人は出てくるんです。

真の絵が上手いヤツ

私のような写すのが上手い人間ではなく、好きなものを何も見ずに描けるやつらが…!

今では私も大分イラストを描くことには慣れてきましたがまだまだですね…時間があったらもっとイラストを訓練したい。

大学生の時突然気付いた「デジ絵」の存在

絵が上手くなりたいなあとぼんやり考えながら私は大学生になっていました。

アナウンサーになりたかったので絵とは全く無関係の大学に入り、のんびりと日々を過ごしていました。

そんな暇な大学生活の最中ふと思ったのです

「そういえばイラスト上手い人ってどうやってイラスト描いてんだ??」

ぼんやりとペンとか絵の具とかで描いてるのかなって思ってたんですけど、最近のイラストのレベルってそんな次元じゃないんですよね。もっと派手で、人の手では決して描けなそうな絵が増えてきたというか…。

本当に私はバカで申し訳無いんですけど、プロがどうやって描いた絵を世の中に出しているのかさっぱり知りませんでした。

私なんて鉛筆でササッと描いたイラストを写メってツイッターにアップすることはありましたが、写メなんて普通プロは使いませんよね。

だから私は「スキャナーかな?」と思いました。

漫画家やイラストレーターがペンや絵の具でバッチリイラストを作って、それをプリンターとかにスキャンしてパソコンに取り込むとか…?

試しに私も描いたイラストをスキャンしてみましたが…なんか学校で先生が配ってるプリントみたいな汚い感じになりました。

黒いゴミとかが写ってる…汗

そんなこんなで

22歳にして、私はやっとデジタルイラストの存在を知ります…泣

まさかパソコンで絵が描けるなんて…!

これを美術部の人に語ったら「私は10年前に知ったよ」って言われました。なんで教えてくれなかったんだ。

いよいよデジ絵デビュー!→挫折

早速パソコンで絵を描くために道具を買いました。

created by Rinker
ワコム
¥5,940 (2019/05/26 03:20:55時点 Amazon調べ-詳細)

学生にしてはちょっと高い買い物でしたが、その日はテンション上がりまくりでした。

そしていざパソコンで絵を描いてみると…

何これめっちゃ描きづらい

普段は手元を見て絵を描いていたのに、ペンタブは正面を見ながら手元で絵を描かないといけません。

これが本当に無理でした。

しばらくは頑張ってみましたが、あえなく挫折です。

社会人になって気付いたこと

時は立ち、私は社会人になりました。

新卒で入った会社をたった半年で辞め、そのあとに入った会社も半年で辞めてしまいました。

3年は同じ会社で頑張れと言われるこの世の中で、1年で転職を経験してしまった私はどうしていいかわからずカツ丼屋でバイトをしていました。

アルバイターとして働いていく日々で思いました。

「好きじゃないことは仕事にできんな」

この世の中には好きじゃなくてもしっかり朝早く起きて、電車に乗って、遅くまで仕事をしてお金を稼いでいる人がたくさんいます。

しかし私にその資質はありませんでした。

好きなことで稼ぎたい!

そう強く思い始めていました。

当時付き合っていた彼女(現嫁)からも

「私はしっかり働いて稼ぐから、キララは好きなことを頑張って。

アルバイトでもいいよ。お給料よりやりがいが大事だよ」

と言われました。

ということで私は、「絵を描くのが好きだから続けられそう」って理由でそんな感じの仕事を探すことにしたのです。

デジ絵の先生ができた

とはいえ漠然と「絵が描きたい」じゃ何もできません。

そんな時、偶然にもアーティスの女性と知り合えました。

どこで知り合ったかって?なんか道端で声かけたら仲良くなりましたwww

その方は作品だけでお金を稼いでいるすごい人で、なんと仲良くなったことでデジ絵の先生になってくれました。

先生といっても最低限のことしか教えてはくれず、

「デザインってのは教わるっていうより盗むのが大事だよ(笑)」

と言って大事なことは何も教えてくれませんでした。

しかしそれでも当時の私にとってはかなり勉強になりました。

まず、ペンタブよりもっと描きやすい道具があることを知りました。

1つは液晶タブレット。

かなり値段はしますが、パソコンの画面に直接ペンで絵を描けるので扱いがとても楽です!

created by Rinker
ワコム
¥219,910 (2019/05/26 03:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

この動画で使われているのはこの液タブ!高いですね…汗

電器屋さんで試し描きができるのでぜひ触ってみてください。超楽しいです!

もう1つはiPadです。これには驚きました。

Apple Pencilという製品が開発され、iPadでもペンを使ってお絵かきができるようになったのです。

先生もバリバリ使っているくらいの高性能で、今やiPadが仕事で使われる時代になったことに感動しました…。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥14,880 (2019/05/26 03:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

iPad Proか、2018年以降のiPadにしか対応していないのでご注意を!

私は大型のiPad Proを買いました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥139,093 (2019/05/26 03:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

絵を描いたり、テレビ代わりにしたり電子書籍を読んだりと、我が家で大活躍しています。

そして次に、イラストを描くには「CLIP STUDIO PAINT」というソフトが必要ということを知りました。

クリスタじゃなくてもいいんですけど、ほぼ間違いなくクリスタを買っておけば間違いありません。

パソコン版は5000円、iPad版は月額500円で購入できるので、趣味でイラストを作る人は必ず買っておきましょう。

そしてもう1つ大切なソフトがありまして、それがイラレとフォトショです。

なんとこのソフト、ペンタブ無しでイラストが作れます!!マウスのみ!

イラレは月額1200円、フォトショは980円とかなり高いのですが、

この2つが扱えないとほぼ間違いなくデザイン業界に参入できません。

(クリスタはどっちかというと趣味で使うソフトです)

ですから、絵を描く仕事をしたい人はとにかくIllustratorとPhotoshopを扱えるようになり、なおかつ作品集も作っておきましょう…!

値段が高いので学生のうちに学割で買って練習しましょう!!

もし使い方が全くわからない人がいたら言ってください!お手伝いします!

created by Rinker
アドビシステムズ
¥26,160 (2019/05/26 03:20:57時点 Amazon調べ-詳細)

※絵が全然うまくないけど絵の仕事がしたい人はイラストレーターの方をお勧めします!

とりあえずやるしか無い!転職だ!

デザインソフトの存在は知りましたが、使い方は全然わかりませんでしたwww

本当はここで作品集(ポートフォリオ)を作るべきなのですが、無知な私は丸裸でデザイナー業界に特攻しました。

その結果…不採用の嵐でした(知ってた)

正社員になろうとは思っていません。経験が無いので。

しかしアルバイトですら採用してもらえないとは思いませんでした。

考えてみれば、この世の中にイラストを仕事にしたい人ってどれくらいいるんでしょうか?

多分結構いますよね。

スーツ着てサラリーマンしてつまらない日常を送るくらいなら、低賃金でも大好きな絵を描いて暮らしたいと願い人、きっと多いんです。

そんな門の狭い業界に、ポートフォリオどころかソフトの使い方もままならない私が挑戦したのが間違いだったのです…。

ただ、奇跡が起きたのです。

なんか採用してもらえました。

小さな会社のすごく熱い社長に採用してもらえました。

私も経験が無いのにちょっと強がった発言をしたのが悪いのですが、偶然にも社長は私のことをデザイナー経験者だと勘違いしたのです。

一応申し訳ないので採用された後に「僕は経験無いんです」と言ったのですが、なんだかんだ許してもらえました笑

デザイナーとしての生活

社長から渡されたテキストを元に、私は必死にIllustratorの知識を勉強しました。

created by Rinker
¥1,922 (2019/05/26 03:20:57時点 Amazon調べ-詳細)

この本の内容を1週間でマスターしました。

ここで、私は本を読むことの大切さを知りました…。

確かに現代はネットの中にたくさんの情報があふれていて、それを見れば無料でイラレの勉強はできてしまいます。

ただ、本のような1つに情報をまとめているツールがすごく勉強しやすくて助かったんですよね。

だから、デザイナー初心者にはこの本を全力でオススメします!私はこの本から初めてうまくいきましたので!

さて、本の内容だけ必死に詰め込んで出社です。

ビクビクしながら会社に行くと…なんと、私以外デザイナーがいませんでした。

10名もいない本当に小さな印刷系の会社で、なんか今までデザイナー無しで頑張って商品を営業していたそうです…。

正直これは本当に助かりました。

イラストレーターを使える人間が私しかいないため、会社の人たちは私にすごく優しくしてくれました。

スキルの無い私でも、イラレが使えるだけでみんなからしたらありがたかったようで、先輩デザイナーにこってり絞られるとかそういうことは一切ありませんでした。

優しい社員の皆さんの期待に答えたい…!

そう思った私は、何もできないくせに強がっていろんな仕事を受けました。

意外となんとかなるものですね…!1年も経つと、私はイラレに関してほとんどマスターしてしまいました。

あまり上手くないかもしれないですけど、個人的には恐ろしいほど上達しました。

あ、ちなみにペンタブとか全然使いません!

マウスで絵を描くってできちゃうんですね…!驚きです。

YouTubeで動画を探して真似しまくっていたら覚えました。動画最高!

無事スキルアップし、日経新聞の一面なんかもデザイン担当させてもらえるようになりました。

1千万円単位で動いてるプロジェクトだったんで家に帰れないくらい忙しかったです笑

デザイナーに限界を感じた

1年ほどデザインをしてきて、なんとなくわかってきたことがありました。

社会においてデザイナーはかなり雑に扱われています。

クリエイターでは無い人からすると、私たちは大好きな絵を描いてお金を取るガキみたいな存在に見えるようです。

まあ確かに私も動機としては「絵を描いて暮らしたいー!!!」っていうまさにガキの発想なのですが…。

しかし実際にやってみてわかるんですけど、全然大切にされません…。

一生懸命作ったデザインを割と簡単に捨てられるし、難しい修正を簡単そうに言ってくれるし、何より報酬が安い!

さて、私のような感情を抱いた人間が何を考えるかというと…

フリーランスを考え始めます

最初は給料なんて気にしないとか言ってたんですけどね…やっぱりお金が欲しくなってしまいました…。

さて、フリーになるにはコネを作らねばなりません。お客様がいないと仕事がありませんからね。

そこで私は集客のためにブログとツイッターに力を入れ始めました。

結論から先に言うとあまり成功はしないのですが、代わりにいろいろなことを学びました。

やはり私と同じように、ネットで集客してデザインを売っている人はめちゃくちゃいました。

そして、その人たちはめちゃくちゃレベルが高かったんです。

そしてそして、そのレベルの高い人でも仕事を取るのは大変なんです。

ツイッターで様々なデザイナーさんを見て、知り合って、この業界の壮絶さを思い知ることができたんです。

これからのデザインと私

結局、私は会社を辞めました。

のんびりしていて、みんな優しくて居心地のいい会社ではありましたが、それでもデザイナーのお仕事はやめることにしたのです。

私には嫁がいて、将来子供を作ったり養ったりしないといけない

頑張ってデザインスキルを上げても雑な扱いはされてしまう

絵で生活をしたい人はたくさんいて それでいてレベルの高い人はごまんといる

レベルの高い人でさえ満足な収入を得ることができない

これらを考えた時、デザイナーは仕事ではなく趣味でやるのがベストだと判断しました。

とは言えせっかく得たスキルですから、手放そうとは思いません。

なんだかんだいまだにお仕事をくださる人もいらっしゃるので、小さくのんびり制作して行こうと思います。

もし気まぐれに依頼をくださる方は、ぜひこちらからお問い合わせください。

現役デザイナーがグラフィックデザインします アイキャッチ・広告などデザインをこだわりたい方におすすめです

これからもデザイン・イラストの修行はしていきます。

老後は漫画家になりたいですね笑

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

2019年3月 追記

この記事を書いた直後、まさかの企業案件を頂いてしまいました・・・(笑)

飲み屋で知り合った方で、何度か顔を合わせていたら「デザインができる人の手を借りたい」と言われ、そこに協力する形になりました。

デザイナーをやめた途端に大きなお仕事をいただけることになってしまいました・・・本当に感謝でしかありません!

今後もフリーデザイナーとして頑張りたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です