そもそもこのサイトは一体?

目指すは全都道府県制覇!?未経験から売れっ子ナレーターに転身したおかけんさんにインタビューしてきました!

西山はるか
今回はナレーターとして大活躍をされているおかけんさんにインタビューをしました!

参考になる情報のオンパレードですので、ナレーター志望者はぜひこの記事を読みこんでください!

ナレーター西山はるかです。

本ブログにはいつもクラウドソーシングを中心とした小さな声のお仕事の取り方を紹介していますが、今回は福井県で何本もレギュラー番組を持ち、尚且つ全国でお仕事をしているガチ本物のナレーター、『おかけん(@kenj10426)』さんの経験談をご紹介していきます!

ナレーターとして本気で活動をしたい人必見です!

西山はるか
おかけんさん、本日はよろしくお願いします!
おかけんさん
こちらこそ!よろしくお願いします!

おかけんさんってどんな人?

西山はるか
さて!早速とんでもないことを言うんですけど、僕おかけんさんって何者なのか全然知らないんですよね!笑
おかけんさん
確かに笑

僕もはるかさんのこと全然知らないもの!

Twitterのプロフィール文を観ただけだから笑

西山はるか
あ!見てくださったんですね!ありがとうございます!

僕はTwitterで声のお仕事をしていそうな人はだいたいフォローしていますので、その流れでおかけんさんを見つけたんですよ

おかけんさん
そうですね。僕もそんな感じでした笑
西山はるか
そんな素性も知れない僕のお願いを聞いてくださって本当に感謝です…!

それでは現在どのような活動をされているか教えていただけますか?

おかけんさん
基本的には地元の福井県で、CM・VP (ビデオパッケージ)・テレビ番組のナレーションや、イベントの司会をしています。

福井県外からの依頼は宅録した音声データを納品して対応しています。

声の仕事以外では非常勤で高校の先生ですね、音楽を担当しています。

ちなみに仕事してないときはカフェ行ってのんびりしてます!笑

西山はるか
おお…!いきなり突っ込みどころモリモリだくさんですね…!

実は兼業ナレーター!

西山はるか
おかけんさんはナレーション一本ではなく、学校の先生もやっているんですね!
おかけんさん
東京はわかりませんが、地方はナレーター一本では難しいと思った方がいいですね!
西山はるか
うーん東京でもナレ一本は厳しいと思います…。

多分笑

おかけんさん
東京に比べて地方は制作会社が少ないですから、仕事の母数を考えるとナレーターだけでは厳しいですね。
西山はるか
なるほど!

それで選んだ副業が学校の先生なんですね?

おかけんさん
実は学校の先生はナレーターになる前からやってたんですよ笑

まさか声の仕事をやるなんて思ってませんでした

西山はるか
ええー?!

じゃあ社会人になってから訓練を積んでナレーターになったんですか?!

プロのナレーターさんたちって、なんかこう、最初から『俺はナレーター!一筋だぜ!』みたいなイメージありました!

おかけんさん
昔から音楽が好きだったから先生になったんです。

歌が得意で、テレビ番組のオーディションに出たりもしました!秋元康さんの前で歌わせてもらったことも!

高校生の時に全国高等学校総合文化祭イメージソングのソロシンガーに選ばれて、CDを出したり取材を受けたり、1万人規模のドームでも2回歌わせていただきました!

西山はるか
あのすいません。

こんなこと言うのもあれですけど歌手になるべきだったのでは??

おかけんさん
歌は得意でしたけど特に思い入れはなかったんです

歌手は目指さず、大学卒業後、高校に勤めました…が、向いてないなぁと思って結局辞めることに…

西山はるか
なるほど…そこからナレーターになったんですね
おかけんさん
それがそうでもなくて…

仕事を辞めて、ニートになって、毎日ネットサーフィン(死語)。

吉本興業に入ろうかなぁとか考えてました笑

西山はるか
謎が深まる一方だよ…
おかけんさん
そんな時、こえ部に出会ったんですよ

※こえ部とは音声を自由にネットに投稿し、声優志望者たちと交流することができるサービスのこと。現在は終了してしまった。

そしてナレーターに!

おかけんさん
そこで篠原さなえさんに出会ったのがターニングポイントでした
西山はるか
篠原さなえさんは有名なフリーナレーターさんですね!

ぼくもあの方のブログを参考にしてたことあります!

参考:篠原さなえさんのホームページ

おかけんさん
こえ部の中で、とても的確な助言をされていて。

この人なら間違いない!とピンと感じて。

それで頼み込んで、定期的にスカイプレッスンをしてもらえることになったんです

西山はるか
同じ声の仕事でも声優やアナウンサーがありますけど、そっちは考えなかったんですか?
おかけんさん
自分では何が向いてるかわからなかったので、それならやってる人に聞くのが早いってことで、さなえさんに相談しました。

そしたら、「岡田さんは見た目がそんなに良くないからアナウンサーは難しい。年齢も25歳だから今から声優も厳しい。ナレーターなら地方でも仕事あるしなれるんじゃない?」って言われてナレーター目指しました笑

そして気づけばいっぱい仕事させてもらえるようになってました笑

西山はるか
これが福井県内トップのナレーターの過去話…!

奇想天外すぎて参考になりません!

舞台は福井から全国へ

西山はるか
そういえはさっきチラッと、

『福井県外からの依頼は宅録した音声データを納品して対応しています。』

って言ってましたね。

どうして県外のお仕事をされるようになったんですか?

おかけんさん
そうですね。

以前から県外営業したいとは思ってたのですが時間がなかなか無くて…

ただ去年の3月いっぱいで勤めていた私立高校を辞めたことがきっかけで時間が増えた(収入は減った)ので、それで県外営業を始めたんです!

西山はるか
おおなるほど!

僕すごく気になってたんですけど、県外の仕事ってどうやって取るんですか??

おかけんさん
SNSも使いますが、基本的にはメール営業です。

全国の制作会社さんに「ボイスサンプル」「経歴と実績」「宅録機材のスペック」などを送りましたね。

とりあえず、北海道と沖縄から営業を始めました笑

西山はるか
ファンキーすぎる!!!

北海道と沖縄だなんて日本の果てと果てじゃないですか!笑

よくそんな遠く離れた場所に営業をかけようと思いましたね!!?

おかけんさん
もしお仕事がもらえたら「北は北海道、南は沖縄まで仕事してます!」ってアピールできるかなぁって思って笑

もちろんすぐにお仕事がいただけたわけではなく、1000件以上はメールしましたね。

西山はるか
ヒエッ!1000件!

お仕事はいただけたんですか…?

おかけんさん
全体の20%からレスポンスがあって、2%くらいがお仕事につながりました。

地道なスタートでしたが、今は少しずつ割合も増えています。

西山はるか
すごい…でもお仕事が取れるかわからないのに、よくそんな大変な作業をして心が折れませんでしたね?
おかけんさん
最初は心折れる日々が続きました涙

でもお返事いただけたり、お仕事につながったり…それを励みに何とか続けることができました。

あとはInstagramやTwitterで情報を得ていく中で、地方ナレーターは特に男性が不足している、と仮説を立てていました。

なので、ニーズは必ずあるはずだと信じて営業を続けましたね。

西山はるか
なによりおかけんさんのような奇抜な活動をしている人って滅多にいませんからね。
そこらへんのインパクトも一役買っているかもしれませんね!

県外営業の戦略

西山はるか
営業をする上で気をつけていることってありますか?
おかけんさん
「名刺」「ボイスサンプル」「プロフィール」「ホームページ」などは皆さんも作ってらっしゃると思いますが、ホームページに料金表を掲載しています。

値札の無いお寿司屋さんって怖くて入れないと思って^^;笑

西山はるか
ホームページを作ったんですね!

回ってないタイプのお寿司屋さんは怖くて行けないですね…

おかけんさん
だから僕は、「文字数当たりいくらで仕事受けますよ〜」っていうのをはっきり公開していますね。
サイトはウェブデザイナーさんに頼んで作ってもらいました。
おかけんさんのホームページ
西山はるか
はええ…すっごいお洒落…
料金も見えるしサイトもしっかりしているから、依頼者側もすごく安心できますね!
おかけんさん
次に宅録の環境ですね。

日本に多くいる宅録ナレーターさんたちに差をつけるためにはどうすればいいのかなって考えました。

自分なりに調べたところ、しっかりとしたブースを持っている人が少ないことがわかりました。

なので自分は「収録ブースを作ろう!」って思ったんです。

西山はるか
収録ブースを持ってるナレーターさんなんて滅多にいないでしょうね…!!
おかけんさん
高性能なマイクやオーディオインターフェースを持っているナレーターはたくさんいるけど、収録環境にまでお金をかけている人はいないだろうと。
だから5~60万円くらいかけて自宅の広い部屋の一角に収録スペースを作りました。
西山はるか
思い切りの良さがハンパないですね!!!
おかけんさん
これなら営業をかけるときに、
「宅録でありながらもスタジオ並の環境で収録しています」というアピールができるんですね。
おかけんさん
最後にSNS運用ですね。
Twitter・Facebook・instagramでナレーターさんや制作会社さんをフォローして情報を集めたり、実績を公開したり。
西山はるか
フォロワーはやはり集めた方がいいですか?
おかけんさん
私はSNSで実績も都度公開していますし、フォロワーも増えてきました。

クライアントさんから見たときに、「フォロワーが少ない」「仕事もやってなさそう」「あまり更新していない」人と「フォロワーが多い」「実績もある」「頻繁に投稿している」人とではどちらが信頼度が高いかってことなんですよね。

これを『錯覚資産』といいますが、これを積み上げた方がより仕事に結びつきやすいと考えています。

西山はるか
メールだけでなくSNSで企業にDMを送って営業もしてるんですね!
確かにフォロワーが多い方がなんか信用できますもんね。
それにしてもおかけんさんはフォロワーが1200人くらい(2020/3時点)いますけど、どうやってこんなに集めたんですか…?!
おかけんさん
Facebook(3200人)やInstagram(2300人)は知人が多いので比較的早く増えましたが、Twitterは苦労しましたね^^;地道にコツコツと、です!
西山はるか
友達が少ないインキャキモヲタの僕には真似できない方法だった…引き籠もってアニメでも観ようっと

ぶっちゃけ月収はどれくらい?!

西山はるか
いよいよここで踏み込んだ話をしたいのですが…
ズバリ!月収はいくらですか!
おかけんさん
そんなに稼いでないですよ笑
だいたい月に3~40万円程度です。
西山はるか
いや多いですよ!!!
僕なんかナレーションで月5万円前後くらいしか稼げてないです!
おかけんさん
はるかさんくらいの金額が普通だと思いますよ!
西山はるか
でもおかけんさんってツイッター 見てると喫茶店でくつろいだり家でチャーハン作ったりしていますよね。
その時間を仕事に使ったらもっと稼げるんじゃないですか?(ゲス顔)
おかけんさん
お金はある程度あればそれでいいんですよ。
半日くらい働いて、残りの時間はカフェで本読んだりぼーっとしたりするのが僕は好きですね。

知り合いも多いのでたくさんおしゃべりできて幸せです。

西山はるか
完敗です

今後の展開

西山はるか
今後は都道府県全制覇を目指していくんですかね?
おかけんさん
それももちろん続けるんですけど、日々時代は変わっています。
これ以上不況が長引けば国内案件が極端に減ったり、それどころかAIにナレーションのお仕事を取られてしまうかもしれない。
今後は海外案件や、ボイストレーニングやセミナーをしていくことも視野に入れていますね。
西山はるか
以前東京でセミナーをされていましたよね。1日で満席になったそうで!
クラウドワークスやココナラなど、ネット上の声の案件なんかは考えていないんですか?最近はYouTube広告の案件が多いですし。
おかけんさん
クラウドソーシングでナレーターを探しているクライアントは予算が無いからネットを利用しているわけじゃないですか。
単価が落ちると時給もその分下がってしまうので、基本は制作会社としかやり取りはしないですね
西山はるか
なるほど…!
お金のない人からお金を取っても誰も幸せにならないですよね…

最後に

西山はるか
それではありがたいお話がたくさん聞けたところで、全国のナレーター志望者・初心者に何かアドバイスなどはありますか?
正直僕がアドバイス欲しいだけなんですけど
おかけんさん
アドバイス…?
うーん無いなあ
西山はるか
そんな…(絶望)
おかけんさん
そうだなあ うん!
僕に聞きたいことがあればみんな話しかけてください!笑
西山はるか
おお!誰でも質問してきて良いと?!
おかけんさん
うん!人と話すのが大好きなので!
なんでも言ってくださいよ!
西山はるか
これ記事に書いちゃいますからね?(マジキチスマイル)
おかけんさん
僕が伝えられるのは僕だけの方法であってみんなが踏襲できるものではないですからね
僕は営業マン(広告代理店)も経験しているし、人に頭を下げることに慣れているし(好きではない笑)、全国に1000件以上のメールを送るのも自主的にできる
けどはるかさんはこれをいきなりできますか?
西山はるか
無理です(即答)
部屋でゴロゴロしてたら仕事が入るような人生でありたいです!
おかけんさん
それは僕も思うかも笑
ということで是非お話しましょう!
西山はるか
ありがとうございます!
おかけんさん
それではもうお腹が空いたので、お寿司食べてきますね。さようなら!
西山はるか
お寿司?!

ずるい!!!!!!

おかけんさんをフォローする

4件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
西山はるか
会社員だったがうつ病で退職。 そこからなぜかプロナレーター・声優に。 しかしこれだけでは食っていけないと思い絵もデザインもド下手なのに経験者というハッタリをかまして、見事グラフィックデザイナーに転身。 その後さらに収益をアップさせるためにフリーランスエンジニアにジョブチェンジ。もうめちゃくちゃである。