【もっと早く知りたかった】プログラミングの勉強で勘違いしてたこと集

明後日キララ

もうプログラミングの勉強をして半年になろうとしています
思えば遠回りばかりでした!!

最近人気なプログラミング!

沢山の人が勉強して苦労していると思います。

かく言う私もなかなか実力が伸びず、上手く勉強が進まない状況が続いています・・・。

そんな私がハマってしまった落とし穴を紹介します!

プログラミング初学者の人たちは参考にしてくださればと思います!!

HTML/CSSで調子に乗る

プログラミングのスタート地点として、HTML/CSSはとてもいい言語です。

難易度もそこまで高くなく、それでいて成果物が目の前に出来上がる快感!たまりません!!

Progateをはじめとして様々な勉強をしましたが、特に良かったのがこちらの本。

この本一冊で3種類ものサイト作りが勉強できます!

世に出回っているHTMLの参考書は古くてダサいサイトを作る教本が多く、「自分が作りたいのはこんなサイトじゃない!」とイライラします。

それに対し、このモダンコーディングは今風のサイトが作れる上に、スマホ対応も勉強できるのでかなりオススメです。

 

さて、そんな初心者にオススメのHTMLですが、私はこの言語のせいで学習速度が一気に落ちました。

プログラマーはだいたい口を揃えて、

「Webサービスを作るならHTML/CSS/Javascript/PHP/MySQLを覚えないとダメ!」

って言います。

いろんなプログラマーのブログを読み漁りましたが、大体の人はこれを言います。

それを見た私の気持ちは・・・

「そんなにできるかー!!!!!!!!!!」

HTMLですら結構手こずりました。それなのにまだこんなにたくさん覚えないといけないの?!

お約束通りProgateでjavascritpやPHPをやりましたが全く意味がわかりません。

そこで私はこんなことを考えてしまったのです。

「まあ俺WEBデザインやりたいし、HTMLだけできれば十分か!!」

なんと愚かな・・・あの時の自分を叱ってやりたい・・・泣

完全にHTMLができる自分に酔っていました。

運が悪いことにデザイナーだった私はイラレやフォトショのスキルがあり、Webデザインなら結構できる気がすると勘違いしていました。

現在私はサイト作成のお仕事を副業で行なっていますがバリバリJS使いますし、HTMLデータをPHPに変換する要請も受けています・・・。

ここで私はHTMLで満足してしまい、無駄にサイトデザインの勉強ばかりしてしまったのです・・・。

Rubyの罠にハマってしまった

しばらく経ってHTMLに限界を感じた私。

やっぱり凝ったデザインのサイトはどうしても作り方がわからなかったんですねw

それで少しプログラミングに飽きた私は、ぼんやりとプログラマーのブログを読み漁っていたんです。

するとこんな情報が飛び込んできます。

Rubyをマスターしてフリーランスになろう!

んん?Ruby??

HTMLしか知らなかった私が、初めて他の言語に興味を持ちました。

どうもRubyは最近のベンチャー企業によく使われている言語で、リモートワーク・・・家で働くことができる可能性を持つ言語だというのです!!!

プログラミングへの興味が再燃し、私はProgateでRubyを勉強し始めました。

するとどうでしょう

めちゃくちゃ簡単なんです!!!

マジでコードが単純で、サクサクと勉強が進んじゃうんです!

え、これマジでマスターできちゃうんじゃね?!Ruby覚えてフリーランスになれるんじゃね?!

そう思った私は一気にRubyにのめり込みました。

そんな感じで勉強を続けていたのですが、

「これ別にフリーランスになれなくね?」とある時気付きました。

まず、Rubyは簡単すぎました。

こんな簡単なシステムで起業できる人多分いません。どんだけショボいサービスやねん。金にならんわ。

Rubyは文字数が少ないだけで、他の言語との違いが特にありません。

これではRubyを使う利点が特に無いので、フリーランスになるのなんて無理だということに気付きました。

「おかしいなあ、Rubyならノマドワーカーになれるって聞いたのに・・・」と思って調べてみると、間違ってました。

Rubyを使ったフレームワーク、Ruby on Railsをマスターすればフリーランスになれるみたいです。

「あちゃー!間違ってた・・・Railsを勉強すればよかったのか!」

「フレームワークとかよくわかんないけど、とりあえずRails勉強しよ!」

幸いRailsはRubyを使って作られたものだそうで、今までの勉強は無駄にならないようで安心しました。

再びProgateへアクセスしRailsを勉強し始めたのですが・・・。

「なんだこれ難しすぎんだろ」

完全に舐めてました。

Rubyはあんなに簡単だったのにRailsは異次元のような難易度でした。

Progateが優しく親切に教えてくれるのに、私はその意味を全く理解できませんでした。

ターミナルにコマンドを打ち込む理由やデータベースに接続する方法、そして何よりRailsを使う理由が、初心者の私には全くわかりませんでした。

無事挫折しましたとさ・・・。

PHPで大切なことを知る

こんなまともにプログラミングのできない私は、なんとか持ち前の営業マン経験を活かして内定を勝ち取り、SESの会社に入りました。

SESとは簡単に言えば派遣社員です笑

派遣でもプログラミングスキルが身につけばそれでいいので、SESに入社しました。

その会社で「PHPを勉強しといて」と言われたので、全く触ったことの無いPHPを勉強し始めます。

そしてここで最高の参考書に出会うことができました。それがこちら

created by Rinker
¥1,980 (2019/10/14 23:26:26時点 Amazon調べ-詳細)

今まで見てきたどの学習サイトよりもわかりやすく解説されている参考書でした・・・。

内容もすごくて、この本一冊で

・HTML(ちょっとJavascript)

・PHP

・SQL

・掲示板の作り方

・サーバーの知識

こんなにたくさんのことが勉強できてしまいます!!

プログラミングって、とにかく動くものを作らないと何も理解できるようにならないと思います。

HTMLだけでは静的なサイトしか作れませんし、Rubyだけでは足し算とかif文みたいななんに使うのかわからない動きしか学べません。

しかし掲示板という、文字を入力して情報を記憶したり編集したり削除したりできるシステムの開発を経験することで、一気にプログラミングの理解度が上がるんです!

どうしてもっと早くこの本を読まなかったのか・・・!

私は夢中になって掲示板を作り、すぐに次の参考書を購入しました。それがこちら

created by Rinker
¥2,916 (2019/10/14 23:26:26時点 Amazon調べ-詳細)

同じ著者の本で、今度はショッピングサイトの作り方が学べてしまいます!!

こんな可愛い本でカート機能やログイン機能、セキュリティの知識まで学べてしまうなんて・・・どうしてこうなった!!

この本は結構ボリュームがあり、終わらせるまでに2週間はかかりました・・・遅すぎ笑

やっとプログラミングでの開発の流れを理解でき、私は大喜びしたのでした。

しかし、またしてもここで1つの壁にぶち当るのです・・・。

フレームワークが使えないと話にならない

調子に乗った私は「PHPを使えば掲示板もショッピングサイトも作れるぜ!」と有頂天でした。

しかしある日、この世にあるシステムはだいたいフレームワークを使って作られているということを知ります。

フレームワークってなんだよ

なんか元からだいたい出来上がっているものらしいです。

PHPでプログラムを組むのはスパイスをたくさん使ってカレーを作るようなこと。

フレームワークはカレールゥなのでそれ一個でカレーが作れてしまう。そんな感じ。

最初はピンとこなかったのですが、だんだんその恐ろしさがわかってきます。

以前の私はPHPでログイン機能を作るのに3日はかかっていました。

しかしフレームワークでログイン機能を作ると・・・3秒でできてしまいます。

・・・は?

今まで勉強したのなんだったの??????

PHPの勉強はそこそこにして、さっさとフレームワークの勉強すればよかった!!

ここでやっと前に勉強したRailsの意味がわかり始めます。

そうか・・・Rubyを使っている会社は無いけどフレームワークのRailsは使われているんだ!!

だからRailsが人気だったのか・・・!

よ・・・よし!気を取り直してPHPのフレームワークの勉強をするぞ!

私は颯爽とパソコンを開き、インターネットでフレームワークの勉強を始めました。

結果

ムズすぎワロタwww

不思議なものです。PHPをもっと簡単にしたはずのフレームワークが、どう頑張ってもPHPより難しいのです。

しかもフレームワークの情報は日本にはあまりなく、英語の解説サイトばかり出てきます。

そのため結局本に頼ることになりました。オススメの本はこちら

今までの教本みたいにポートフォリオ(作品)が作れるわけではありませんが、一通りのフレームワークの機能を学べるのでオススメです。

あと、paizaというサイトにかなり助けられたのでオススメです!

貴重なLaravelフレームワークのレッスンがあるeラーニングサイトで、これのおかげでLaravelでの簡単なアプリの作り方を学べました。

月額980円はかかってしまうのですが、プログラミングスクールが何十万円もすることを考えるとお得じゃないですかね!

まとめ

様々な遠回りをしてきました・・・。

そんな私の現状の結論は、

1、HTML/CSSを学ぶ

2、さらっとPHPの勉強をする

3、「いきなり始めるPHP」で開発の勉強をする

4、Rubyの勉強をする

4.5、環境構築の勉強(挫折する可能性大)

5、Ruby on Railsを極める

です!

「PHPで開発したあとRubyに変更するの?」と疑問に思うかもしれません。

もちろんそのままPHPの勉強を続けるのもいいと思います!私はそうですしね!

ただ、Rubyは学習コストの低さが魅力的です。

PHPだとフレームワークは何種類もあり、どれを勉強すればいいかわかりません。

(Laravelが最強だけど他のフレームワークを使っている企業がたまにいる)

けれどもRubyのフレームワークはRails以外無いので、勉強するときに迷いが生じません。

かなり難易度は高いのですが、Railsができない時点で他の言語もできるわけが無いので、そこはもうとにかく頑張りましょう・・・笑

ちなみに4.5の環境構築ですが、これは結構難しいです・・・。

地味でめんどくさいのもそうですが、目の前に成果物が出来上がらないので達成感が無いのです。

いつかは必要になる知識なのでないがしろにはできないのですが、なかなかしんどいように思います・・・。

 

プログラミングって本当に大変です。

頭のいい人でもアプリが作れるようになるまで1年はかかってもおかしくない世界です。

お金に余裕のある人はスクールをうまく利用して、3ヶ月で一気に成果物を仕上げるのがいいかと思います。

【ポテパンキャンプ】はRailsを教えてくれる上に転職が決まれば全額返金なので、狙うのであればこのスクールがいいですよ!

 

険しい道のりですが頑張ってプログラミングをマスターしましょうぜ!

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です